10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨコハマコーラルフェスト出演日当日(2013/2/22)

皆様、こんばんは~~~☆☆☆今宵はいかがお過ごしでしょうか?アイリスです^^

22日の金曜日、我々の昨年からの目標である、「ヨコハマ・コーラルフェスト」の我々の出場当日でした。
その日は一日興奮と感動でいっぱいでした・・・・・・

この日の感想を団員の皆様から一言ずつコメントをいただきましたので、ご覧ください。(順番は投稿順です♪)


アルトの児玉さん

皆で力を合わせて良い演奏ができたなぁって、満足しています。
他の多くの合唱団からも、学ぶことがたくさんありました。
すっごく楽しくて充実した一日でした!!


ソプラノの星野さん

今日のコーラルフェストは楽しいものでした
勉強にもなりました
このような会に参加することができ岩田団長には感謝しています
ご指導下さった小野先生
矢加部さんありがとうございました
一つのことを一緒に作り上げた仲間と一緒にいることは楽しいですね
アイリスの皆様とも出会えることができて感謝しています
ありがとうございました


ソプラノの長浜谷さん

皆さん今日はお疲れ様でしたo(^-^)o 小野先生・矢加部先生ありがとうございました\(^_^)/
ソロの重責に投げ出したくなった事もありましたが、無事役目を終える事ができホッとしています!
皆さん本当にありがとうございましたo(^-^)o


アルトの佐々木さん

今日はとても気持ち良く歌うことができました。
練習の後、軽食をとり、ワイワイと会場に向う時からワクワクしていたし
ステージに立った時も、目の前にピアノ、その向こうに指揮の小野先生。
そして、その向こうに会場の方々の温かい雰囲気を感じました。
気持ち良く歌わせて下さった小野先生、矢加部先生、一緒にハーモニーを
合わせて歌ったアイリスの仲間、そして聴いて下さった方々、皆様に感謝です。
ありがとうございました。


ソプラノの岩田さん

私は昨年のコーラルフェストを観客席で聴きながら、「アイリスもこんな大きなステージで歌えたらなぁ...」と思っていました。
その時たまたま帰り際に、その日講評をされていたお知り合いのT先生にお会いしました。
私の思いを、率直に伝えたところ、来年参加することを進めて下さりました。
その後、小野先生に相談したところ、快諾してくださり、Go !となったのですが、その時点では規定の人数には足らずいきなり壁にぶち当たりました(>_<)
その後も数々の難題を乗り越え、やっと昨年の9月から練習が始まりました。
昨日は半年間の集大成でした。
技術面ではまだまだ色々と課題がありますが、まず無事参加出来たことにほっとています。
そしてなによりも一緒に練習してきたメンバーの皆さんが、誰ひとり、体調をくずすことなく、ステージに上がることができたことが何よりうれしいです。

また次の目標に向かって頑張ろう!と思いますV(^-^)V

団長
ソプラノ 岩田


アルトの平野さん

12人と言う少人数で舞台に上がるのは、私は生まれて初めての経験!
50人で歌えば、ちょっと口パクも許される?けれど、少人数で 口パクはあり得ない!・・・まさか自分が「歌の世界で」こんな窮地に 立たされるとは!(><)!
しかし、「コーラス」とは不思議なもので、指揮者と歌い手、ピアノと歌い手、パート同士などなど、全てが上手に「ハモる」と結果は上手く行くものですね(^^)V 出来?不出来?それなりに差はありますが、歌いあげた時の達成感は・・・やっぱり「やみつき」になります!☆!
これからのアイリスに乞うご期待!?
 皆さん、お疲れ様でした。


メゾの小池さん

初めてのコーラルフェスト緊張すると思いきや、意外と度胸があると再認識しました。
とても楽しい1日でした。
先生ありがとうございました。
団長ホントにお疲れ様でした。


ソプラノの菅野さん

私は1曲目の「La Fede(信仰)」の中の歌詞で、
一か所の「Piu ardente del mattin(ピィユアルデンテデルマッティン)」の「Mattin(マッティン)がいえなかった!
緊張で本当に歌ったか、覚えてないのですが、間違えたのは覚えてます(汗)


特別枠 小野先生

皆さん本番お疲れさまでした。
5ヶ月の集大成をそれぞれ実感されたと思います。
アイリス初の合唱祭参加、とても身のある舞台だったと思います。
皆さんとても素敵な表情で歌っていました。

器楽の奏者と違い僕らは歌詞のある音楽を演奏します。
歌詞があるという事はそれに伴う表情があるという事で、音と歌詞に繋がっています。
音楽と共に感情に繋がる部分も一緒に演奏に生かされるというのは素敵ですし、難しい部分でもあります。

歌詞を覚えるというのは表現する感情を感じるという事にも繋がるという事だと僕は思います。
難しい事にもチャレンジして、ぜひ「楽しむ」という事に様々な角度から向かっていけたらと思います。

長くなってしまいましたが、今回の本番、皆さん本当にbravi!!!!


     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


そして入場前、全員で記念撮影。ちょうど良い撮影ロケーションがなく残念ですが、みんな出番前なのに、緊張もせず、極上の笑顔です♪

DSC_0626-01_convert_20130223215818.jpg
その1 う~ん、みんな戦闘態勢?いやいや、和やかな笑顔ですよね^皿^



DSC_0629-01_convert_20130223215833.jpg
その2 ちょいとピンボケ^^;許してくだしゃい、他の写真は目つぶりやよそ見している団員いるので・・・



ふたたびアイリスですが、この日の出来事をリポートさせていただきますね

朝からバタバタバタバタ、パンをかじりかじり慌てて着替えて、電車に乗って、まずはあざみ野へ。
そして、団員全員で声出しをして、1時間半の練習をして、ところどころ冗談を言って、緊張をほぐして・・・。
12時にみんなで練習会場のロビーで軽くおにぎりやパンを食べてから、いざ本番会場の「みなとみらい小ホール」へ地下鉄で移動

着いたら、そこにはいろんなコーラスグループが同じく会場前で待ち合わせしていて、壮観でした◎
そして、そのあとはもう、あっという間に順番に練習タイム、着替えタイム、入場タイムと、目まぐるしい(@o@)

そしてついに!入場したら、素敵なホール、ひ、ひ、響きそ~~~うな雰囲気です♪
ホールの前の半分の席は、出演者たちの席で、後ろがお客様達の席、これがなんとも合理的。
そうです、出演者たちには専用の楽屋などは用意されておらず、直接客席から舞台に上がって歌って、そして終わったらまた客席に戻る・・・、そういうシステムv

・・・「アイリス」はこの日のBブロックの2番目。
開始してからすぐに順番が回ってきました。
何が何だかわからないうちに、舞台に上がって、小野先生の指揮も見えてたのか見えてないのか覚えておらず、矢加部先生のピアノも聞こえていたのか聞こえていないのか、あっという間に7分経過^^;

神様、お客様、「アイリス」の声はいかがでしたか?天まで届きましたでしょうか


■■メインメニュー■■

 
団員募集

団名「アイリス」の由来

指導者紹介

お問い合わせ



スポンサーサイト

theme : LIVE、イベント
genre : 音楽

Secret

プロフィール

アイリス

Author:アイリス
女声アンサンブル「アイリス」です。
楽しく、明るく、優雅で、上品・・・、それが私「アイリス」です。
神奈川県内で活動してます☆是非遊びに来てください♪
一緒に合唱いたしましょう♪♪♪

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。